【TOEFL対策】リスニングの勉強はこれで解決!~会話編~

この記事はこんな方におススメ!
  • これからTOEFLの対策を始めようと思っている方
  • TOEICとのレベルの違いに絶望を感じている方
  • どうやってメモをとれば効率的に聞けるのか対策が知りたい方

ご覧いただきありがとうございます。英語教育者の永田勝也です。
今回の記事ではTOEFL対策をしている方に向けて、リスニング力UPのための勉強方法をお伝えします。

TOEFLで一番苦戦するのは、何と言ってもスピーキングやライティングのセクションなのに、リーディングやリスニングのスキルが問われるIntegrated Taskの存在です!
「結局TOEFLってリスニングの試験なんじゃ・・・」と思ってしまうくらい、リスニング力に結果が大きく左右されるテストなんです。

そこで、今回はそんなTOEFLスコアメイクの要であるリスニング力UPのための勉強方法を皆様に共有いたします。1つの記事にまとめようと思ったのですが、ボリュームがとんでもないことになってしまいそうなので、キャンパスでの会話、それから講義と2つに記事を分けてお伝えします。今回はキャンパスでの会話のTipsです!

ちなみに以前書いたこれからTOEFL学習を始める方へのロードマップを読んでいない方は、ぜひそちらも参考にしてくださいね。

準備運動:そもそもTOEFLのリスニングの特徴とは?

まずは、TOEFLという試験のリスニングの特徴をつかみましょう。
全く内容を知らないという方は、ぜひご自分でサンプル問題を解いてみると一番早いと思います。以下のETSの公式サイトでサンプル問題を無料で解くことができるので、ぜひ体感してみてましょう!

リスニングセクションの特徴をざっくり簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 制限時間:45分~57分
  • 問題数は28問~39問 ※ダミー問題の有無で変化あり
  • リスニングのトピックはキャンパス内での会話2題、講義3題 ※ダミー問題除く

また、もう1点知っておくべきことがあります。
それは、リスニングの次にはスピーキングが待っているということ。TOEFLという試験は全員で一斉スタートで始まりません。なんと、先着順なんです。

つまり、試験を始めたタイミングによっては、皆さんがリスニングの後半のほうに差し掛かった時に、周りでスピーキングをやっている人が必ずいる状況になります。とにかく精神統一!周りで受験者がバカでかい声で「I live in Tokyo.」と言って音声チェックをしていますが、ヘッドフォンのボリュームをマックスにして、心を乱さず聞くことが必要です。

リスニングは大きくわけて2つの場面が取り上げられますので確認しましょう。

場面パターン1.キャンパス内の会話(難易度:低)

図書館やオフィスアワーなど、講義ではないもののキャンパス内で想定される場面での会話です。
学生が教授や大学の図書館員と話している場面などがよくあるパターンですね。
こちらは3分程度で比較的に短く、アカデミックな内容ではありません。また、大学生以上の方であれば、話の場面がイメージできるので、理解もしやすいと思います。
あくまで講義と比較すると・・・ですが。

場面パターン2.講義(難易度:高)

アカデミックな内容に関する講義です。
話されるトピックは多岐にわたり、人文系や生物、物理に加えて、社会科学的な内容も出題されます。基本的に同じトピックの話が1つの試験において複数出題されることはありませんので、必ず様々なジャンルのトピックが出題されます。

なので、アメリカの歴史に関するトピックの講義はしっかり答えられたけど、天体の話の講義はさっぱり理解できず、当てずっぽうになってしまった、なんて状態はけっこうTOEFLあるあるです。得意な内容と苦手な内容がハッキリわかれるということですね。
ちなみに私は天体が死ぬほど嫌いです。もうぶっちゃけ興味ないです。1mmも。

リスニング学習の最初の一歩とは?

ではここからは、具体的なTOEFLのリスニング学習の進め方をお伝えしていきます。
ちなみに、そもそも英検でいうと準1級くらい、TOEICのリスニングであれば400点くらいなければ、そもそもTOEFLのリスニングは練習が難しいです。もしまだそのレベルにない方は、TOEFLの題材を無理に使おうとせず、自分が聞き取れるレベルの教材から始めることをおススメします。

TOEFLに限らず、どの勉強やスポーツも同じですが、自分が理解できるレベルを大きく上回っているものを続けても、なかなか力はつきません。まずは、自分の現在地を把握し、それから少しずつできることを増やしていく。そんなスモールステップでできることを増やしていきましょう。

まずはキャンパス内の会話から!

いきなり講義は正直なかなか厳しいです。学習の順番としてはキャンパス内の会話から始めて、しっかり聞き取れて正解できるようになってから講義に移りましょう。キャンパス内の会話は決して難しくはありません。ただ、それでもいざ回答するとなると難しいと思うのは理由があります。それは、会話が3分くらいの長さであり、かつ、質問を先に読むことができないという点です。

この形式はTOEICや英検に慣れている方からすると、最初は慣れるのにとにかく時間がかかりますよね。講義ももちろん同じ形式で、時間はさらに長くなり、5分から6分くらいになります。そもそもTOEFLのリスニングは答えを探しながら聞くものではありません。内容を理解しながら聞き、結果的に質問に答えることができるという状態を目指します。とは言ったものの、本来のリスニングはまさしくそんな状態ですよね!事前に質問がわかっていて会話をする場面なんてありませんから。(笑)

問題は解かなくてOK!内容理解に全集中すること

「え、問題解かないの?テストの勉強なのに?」

こんなことを思う方もいるかもしれません。
はい、解かなくて大丈夫です。正確には、学習の順番として『解く』という練習はもう少し後で大丈夫だということです。

先ほどお伝えした通り、TOEFLは内容理解ができることが前提で、理解できれば100%質問に答えることができます。答えを探しながら聞くテストではありません。
そこで、3分程度のキャンパス内の会話をまずは聞いてみて、以下のポイントに沿って自分の現状を分析しましょう。

リスニング分析ポイント
  • 内容理解度はどれくらい?
  • 聞き取れなかった単語はあった?
  • 聞き取れない原因は発音?それともそもそも単語力?
  • 集中力は大丈夫?
  • 聞きながら、会話のイメージが頭に浮かんだ?※一番重要

ここで、必ず皆様にやっていただきたいことがあります。
それは、スクリプトの活用です。スクリプトを使い倒さずリスニングの勉強するなんて、ポールスミスのスーツを買ったのに、結局大事な商談に全裸で挑むようなもの。もったいなさすぎです。

とにかくスクリプトをしっかり使いましょうということです。
これまで何度もリスニングに関連する記事で伝えていますが、そもそも文字で見てわからないものは、何度聞いても理解できませんし、ただの想像で終わってしまいます。
なので、スクリプトを活用することで、自分が聞けない原因を分析することができます。原因がわかれば、対策として単語を覚えたり、音声変化を覚えるために自分でも発音やシャドーイングしたりできますよね。

集中力がもたないという場合は、最初は会話の展開のタイミングで区切ってもいいので、とにかく集中して聞き続ける習慣が必要です。「聞くぞ!」と思って全神経を集中させていると、確かに体力をかなり消耗するのでなかなか持続できません。ですが、そのように全神経を集中させて聞く練習も、反復を重ねていくことで、次第に脱力を覚え、無意識に聞ける状態になっていきます。これも『自動化』と呼ばれるものの一種です。
結果的に、不必要にエネルギーを消費しなくなりますから、集中力もおのずと伸びてきます。

内容理解が完了したら、問題にチャレンジ!

ここまで練習をしたら、問題に答えるのなんて恐らく簡単に感じるはず。
TOEFLという試験は、リスニングでもリーディングでも基本的に細かいポイントはあまり聞かれず、全体の概要がわかれば答えられる質問が多いです。

ちなみに、TOEICやIELTSという試験では詳細の理解が求められます。ちょっと乱暴な言い方ですが、TOEICやIELTSは答えを選ぶために必要な箇所がしっかり理解できればOK。こんなイメージです。

しかし、TOEFLでは内容を理解しながら、全体の意味がとれないと難しくなります。
だからこそ、答える練習を先にするのではなく、内容を理解する練習を最初にやりましょう。そして、そこにしっかり時間を使い、何となくの理解やフィーリングをなくし、自分のCan-do(できること)を増やしていく。その先にスコアアップが待っています。

ときどき復習も忘れずに!

しっかり内容理解のための練習をし、問題にもチャレンジ。
ですが、その後で期間が空いてしまうと、以前聞けた内容も聞けなくなってしまうことも少なくありません。せっかく覚えた単語や発音などが、復習をしなかったら定着しないからですね。

リスニングのいいところは、スマホに音源を移すなど、いつでも聞ける環境さえ整えていれば、手軽に聞き直すということができるところです。しかも1つの会話は3分程度。電車の時間はもちろん、ちょっと休憩しながら聞き流すなんてこともできます。

復習は定着のために必ず必要です。
忘却曲線の説明を以前したときにも伝えましたが、人間は必ず忘れる生き物です。しかし、その事実をしっかり知っていれば、その対策ができますよね。平日お忙しい方は、週末にしっかりスクリプトを使った勉強で環境を整え、平日の隙間時間にこまごまと聞いて勉強できる準備をしておくといいですね。
ちょっと脱線しますが、これもまたスケジュール管理のスキルです。

永遠のテーマ:メモって必要?

「効果的なメモの取り方を教えてほしい」

おそらくだれもがこんなことを思うはず。
あくまで私の体験や関わった受講生様の例ですが、スコアが高ければ高いほど、メモは簡素に、あるいはとらなくなっていきます。講義であれば、多少なりともメモがあったほうが覚えやすいかもしれませんが、キャンパスでの会話に関しては、基本的にメモは不要です。

というか、結局メモをとっても回答のときにメモを見返すことってあまりないですよね?
メモをとる行為そのものが記憶に定着させる一つの手法になっているかもしれませんが、少なくとも私は自分のメモを見ても、字が汚く、何が書いてあるかわかりません。

結論、メモは思い切ってやめてみましょう。
聞きながら、話の内容が理解できる状態を目指しましょう。そこに全神経を集中させるのです。

まとめ

今回はTOEFL学習のリスニングについてお伝えしました。
リスニングでスコアアップをすることは、リーディングよりも難しいと言われています。これからTOEFLの学習を始めようと思っている方、以下のアクションプランを参考に、勉強LIFEを楽しみましょう!ではまた次回。

リスニング学習のTo do
  1. キャンパス内の会話からチャレンジ!
    ※そもそも英検やTOEICなどである程度リスニングのスキルがなければ、まずは基礎力を身につけることが先決
  2. スクリプトをとにかく活用!
    ※自分が聞けない原因、どうすれば聞けるようになるかを考えていくうえで、必ず必要
  3. 100%聞きながら内容が理解できるようになったら、実践問題にチャレンジ
  4. メモはとらなくてもOK 
    目的は内容理解であり、正答することではないので注意!
  5. 定期的に聞き直したり、復習を必ずする
    目安:翌日、実施日の3日後など感覚を決めておくと、迷わずに実施できるのでおススメ!

講義編はこちらからどうぞ!