【オンライン英会話】絶対に日本人講師を選んでほしい3つの理由

この記事はこんな方におススメ!
  • これから英会話を始めたいと思っている方
  • 英会話の学習ロードマップを作りたい方
  • なかなか成果につながらず、英会話の上達に悩んでいる方

ご覧いただきありがとうございます。英語教育者の永田勝也です。
今回は久しぶりに英会話に関する内容でお届けします!ネイティブやフィリピン人と安価に、かつお手軽に英会話ができるオンライン英会話で、あえて日本人講師を絶対に選んでほしい。そんな3つの理由をお伝えします。

「外国人と英語を話したほうが練習になるんじゃないの?」

確かにコミュニケーションという点においては、日本語が通じない外国人と練習したほうが必死になりますし、結果として英語を話すモチベーションにつながるでしょう。
ですが、日本人講師とのレッスンは別の視点で英会話学習において非常に役に立つんです。そんな日本人講師の上手な活用方法、元オンライン英会話講師として、一切出し惜しみなく共有していきたいと思います!

日本人講師のススメ① 初級者に徹底的に伴走できる

初級者の方はまず日本人講師のレッスンを受講することをおススメします。皆さんの予想通りだと思いますので、サクッと紹介しますね。
大きく分けて、初級者の方にとって得られるメリットは以下の3つです。ネイティブや外国人とのレッスンにこだわりすぎる必要はありません。まずは落ち着いて話せたり、英会話を楽しむ余裕が出てくるまでは、メンタル的な負担を考えて日本人講師のレッスンを積極的に受講していくことをおススメします。

初級者にとってのメリットまとめ
  1. 緊張感や不安感を軽減させられる
  2. 困ったときに日本語で質問できる
  3. 日本人が話す英語を誰よりも理解してくれる

ちなみに私のオンライン英会話講師時代には、ネイティブとのレッスンで心が完全に折れてしまった方、トラウマレベルで伝わらず、パニックになってしまった方など、たくさんいらっしゃいました。同じ日本人だからこそ共有できることもありますよ。

日本人講師のススメ② 学習のロードマップを一緒に描ける

英会話とTOEICなどの資格試験で決定的に違うところ、皆さんは何だと思いますか?
それは、英会話のスキルは数字で表すことが基本的にはできないという点です。なので、自分が今どんなレベルにいるのか、目指すべき目標は具体的にどんなレベル感か。さらに、そのためにどんな練習をしていけば良いのか、数字で定量化できないからこそ、自分で判断して決めていくことは非常に難易度が高いんです。

また、英会話でそれぞれ目指す目標は皆さんの状況で異なるため、ひとくくりにすることが非常に難しいです。なので英会話では、自分の目標とそれに対する現在地を正しく把握して、そのGap(差)を埋めるために、自分ができること(Can-Do)を増やすしかありません。

そこで日本人講師の出番です。
現状や目標とするゴール感をしっかり日本語で共有して、コンサル的なレッスンを依頼しましょう。プロの日本人講師は、皆さんと英会話をすれば現状の英会話力を正しく判断できますよ。そして、目標とするレベル感がどれくらいのものか、そのために必要な学習の提案もできるので、学習ロードマップを一緒に考えることができます。
もちろんコンサルに対応できない先生もいるかもしれないので、先生に対するリスペクトも忘れずに。

学習ロードマップ作成のために必要なこと
  1. 目標とするレベル感を正しく把握する
  2. 目標に対する自分の現状を正確に把握する
  3. 目標と現状のGapを埋める計画を考える

ちなみにVersantやアルクの英語スピーキングテストなどで英会話スキルをスコア化することも可能です。ですが、それらは英会話スキルを測る1つの物差しにはなる一方で、その物差しで英会話力の全てが測れるわけでは当然ありません。何より、そのスコアと皆さんが目標としている英会話の目標が一致していないことは多々あるので注意しましょう。例えば、会議の場面で英語が話せるようになりたい方がVersantの練習を通して仮に点数があがっても、会議で英語は話せないままでしょう。

日本人講師のススメ③ 学習のお悩み相談ができる

英会話スクール、英語コーチングスクール、オンライン英会話スクール、はたまた独学など、英会話を練習する環境はたくさんありますが、残念ながら結果がなかなか表れないという方は必ずいます。単純に学習時間が足りていない場合もありますし、本人が成長を実感できていないだけの場合、さらには学習方法が最適ではない場合など、いろいろな原因がそこにはあります。

『●●をすれば絶対に〇〇できるようになる!』

そんな万人に当てはまる絶対的な正解は残念ながらありませんが、少なくとも自分のレベルや学習を定期的に振り返ることは必要です。以前私がABCアカデミーというオンライン英会話スクールでレッスンをしていたときも、いろいろな方のお悩み相談をコンサル的に聞いていました。

50代の主婦

英語Youtuberの方がアドバイスしていた通り、TEDにあるスピーチやBBCニュースを毎日聞いて、シャドーイングという練習をやっているんですが・・・。
結局全然話せないし、リスニングの力も上がっている気がしなくて。
ちなみに英語学習は2か月前に始めたばかりです。旅行で話せたらいいな~と思って勉強始めました。

例えば上の女性の方は独学で勉強をしていましたが、シャドーイングという練習方法の目的や自分に合ったレベルの教材を選ぶことができていませんでした。その練習がムダになることは決してありませんが、旅行で話せるようになりたいという目標を持つ初級者の方にとって最適なものではありませんよね。Youtuberの方が紹介した練習も、自分のレベルと目標対して適切かどうか判断をする必要があります。
結局、毎週レッスンを予約していただき、1週間の学習計画や目標設定、振り返りをレッスン内で実施しました。その結果、確かな『英語が話せる』実感をしっかり持っていただけました。

30代の社会人

ビジネス場面で英語を使う機会があるので、駅チカの英会話スクールに通ってネイティブの先生のレッスンを受けています。一応ビジネス英語コースなんですが、会話が一般的な依頼や提案の場面などで、直接的に自分の業務には関係ないことが多いです。なので、仕事では結局英語の上達を感じられていなくて・・・

同じくこちらの男性の方も、ビジネス英語という言葉を使いながらも、自分にとって必要なビジネス場面の正しい理解と、それを解決するための練習方法を考えることができていませんでした。今実際にビジネスの場面で英語を使っているなら、どこに自分の課題があるのかをしっかり理解しなければ勉強方法を決めることもできませんよね。
最終的にこの方には、毎回のレッスンで参加した会議で言えたことや言えなかったことを振り返り、学習のPDCAサイクルを回すサポートをしていました。そして、『会議で英語を話す緊張感』が少しずつなくなり、発言できるようになりました。

他にもたくさんの方々の英語学習コンサルをしていたのですが、学習しているのに成果を感じられないという方はやはり一定数います。そして、その解決策はフィリピン人、ネイティブ問わず外国人講師ではやはり解決できないことも多いのは事実です。これは能力の問題ではなく、外国語を学習するプロセスを自分も体験しているか、それから日本という国のバックグラウンドを理解しているかがポイントになるからです。

お悩み相談のメリットまとめ
  1. 自分の学習が目標に対して適切か相談できる
  2. 英語学習のペースメーカー的な存在になってもらえる
  3. 日本人だからこそ、日本人の英語学習者の状況を理解してもらえる

日本人講師のススメ(番外編) 純ジャパ?帰国子女?

日本人講師といっても、様々な先生がいます。その中でも帰国子女の先生はここで紹介した目的では選ばないようにしましょう。
英語力の高さはぶっちぎりなので、レッスンとしてはとても良い練習になるはずです。ですが、英語を身につけてきた過程が日本で英語を学ぶ皆さんとは違い過ぎて、おそらくアドバイスになりません。日本にいる社会人や主婦の方が、完全英語環境で毎日英語に触れようとアドバイスされても、現実的に実行できませんよね。なので、いわゆる純ジャパで、苦労して英語を身につけてきた先生を選ぶようにしましょう。もちろん自分に合う先生もいれば、合わない先生もいるかもしれません。今まで何度も記事にしていますが、話したいと思えるか、その先生の人間力で決めましょう。

まとめ

日本人講師のススメ
  • 誰よりも日本人の気持ちを理解してくれる英語コンサルとして頼りましょう

日本人講師と英会話の練習ももちろんできますが、ときには日本語で英語学習に関する悩みを打ち明けてみてください。先生として、さらに、一人の英語学習者としての豊富な経験からきっと役に立つアドバイスをしてくれるはずです。そんなコンサル的な振り返る場を1週間から2週間に1回は持てると、学習のペースメーカーにもなると思います。

ということで、今回はオンライン英会話で日本人講師とのレッスンを上手に活用する方法を共有しました。ちなみに数あるオンライン英会話スクールで、日本人講師が在籍しているところがいくつかあります。以前私はこちらの3社で講師として勤務をしていました。よければのぞいてみてください。どのスクールも無料体験レッスンがあるので、必ず皆さんの力になってくれる人間力のある日本人講師がいるはずです。それではまた次回。