【ビビッド英文法】文型を覚えてどうするの?

この記事はこんな方におススメ!
  • 英語をイチから学習し直したい方
  • 文法を実践的な視点で学習したい方

ご覧いただきありがとうございます。英語教育者の永田勝也です。
文法を理解することで、英語学習の世界を色鮮やかに。ビビッド英文法シリーズの第二弾は文型を取り上げましょう!

「SやらVやらで5文型を覚えたけど、本当に意味あるの?」

おそらく誰もがこんな疑問を持つはずです・・・。
少なくとも私は持っていましたし、明光義塾で塾講師をしていたときにも800回くらい質問されました。(笑)
いわゆる5文型というものは高校の最初に学習することが多いですが、そもそも文型が何の役に立つのか。そんなことを一緒に考えていきましょう。

文型とは?

まずは文型に関する知識の確認から始めましょう。
学校では一般的に5文型を習いますが、これは英語の文の要素を見ていくと、実は5つのタイプにわけられるということです。以下の5文型の特徴は一見すると暗号のようですが(笑)。それぞれの文型の説明はあえて私がする必要はないと思いますので、どんな特徴だったっけ?と疑問に思った方は参考リンクを除いてみてください。例もあり、わかりやすくまとまっている内容です。

第1文型 S+V(主語+動詞)
第2文型 S+V+C(主語+動詞+補語)
第3文型 S+V+O(主語+動詞+目的語)
第4文型 S+V+O+O(主語+動詞+間接目的語+直接目的語)
第5文型 S+V+O+C
(主語+動詞+目的語+補語)

英文は5つの文型にわけられない!

いきなり5文型の否定ですが、実際にはすべての英文をこの5つのタイプに分けることはちょっと乱暴な分け方だと思います。例外たくさんあるはずです。
例えば5文型の考え方では、前置詞のかたまり(前置詞句)は、あくまで情報の補足なので文にとって必要な要素ではないと考えます。しかし、次のような文はどうでしょうか。

She lives in Tokyo.
He is good at playing soccer.

上の文章は2つとも前置詞のかたまり(in Tokyo/at playing soccer)がなければそもそも意味がよくわからない状態になると思います。「彼女は生きている!」「彼は良い!」みたいな。(笑)

なので、このような説明する語句(修飾語)も、場面によっては文に必要な要素でしょ!ということで、7文型とか8文型なんて考え方もあります。ここではその詳しい説明は省略しますが、いずれにしても、5文型にすべてわけるのはちょっと無理があると考える人もいるということで、私もその一人です。

では、学校で文型を習わなくてもいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、私はそれでも文型は習うべきだと思います。正確には、文を見て●文型!と理解できることがゴールではなく、いろいろな単語が文の中でどんな要素として使われているか理解できるようになることがゴールだということです。これがずばり文型を学ぶ理由ですが、詳しく見ていきましょう。

文の中の要素とは?文型学習の本質

この例でわかること。それは、ただ単語を羅列したり似たような意味の言葉に書き換えても、正しい文にならないことがたくさんあるということです。
フレーズ的に決まっている表現もあるし、そうじゃない表現もある。これは英語ももちろん同じで、動詞によって好ましい使い方、すなわち文の中での機能、役割が決まっていることが多いからです。

例えば、第4文型のgiveを例に考えてみましょう。She gave me chocolate.という文章は正しくても、giveと似たような意味のprovideの場合、She provided me chocolate.とは言えません。

実際にはShe provided me with chocolate.と言う必要があります。もちろんprovideとgiveは厳密には同じ意味ではないですし、書き換えてもニュアンスなどには多少なりとも違いがでますが、ポイントはそこではありません。それぞれの単語には好まれる使い方があるということです。

そしてこれらの使い方を理解しようと思ったら、辞書や例文を見ていく必要があります。そうしないと、ただ何となく意味的に使えそうだと思って作っても、実際には文法の観点からも意味の観点からも変な文章になってしまうことがあるからです。単語の羅列で文を作っても、正しい文にはならないのです。

辞書を見てみると、provideに関しては以下のように書いてあります。結果的に、間接目的語や直接目的語という言葉がわからなければ、正しい使い方がよくわからないですよね。例文を見るだけで、こういった動詞の使い方をすべてを理解できる鋭い方もいるかもしれませんが、大多数の方にとっては難しいですよね。なので、辞書を見たりしながら使い方をルールに当てはめて覚えていく必要があります。

出典:weblio

文型を学ぶ=文の要素がわかるようになる

文の要素が理解できるようになる。
これが文型を学ぶことのメリットであり、この記事の結論です。
文を見たときに、そのまま目的語がくる他動詞なのか、前置詞を使う必要がある自動詞なのか。目的語ではなく、Cと表現する補語(Complement)がくるのか。目的語や補語になれる単語の品詞はそもそも何か。
そんなことを理解していかなければ、単語単位では意味が分かっても、結局文を作ることはできず、使える英語にはなりません。

膨大な量の英文のインプットに触れていれば感覚的に使い方もわかるかもしれませんが、私たちはそんな環境にいませんよね。だからこそ、文の中で意識的に考えたり、時には辞書や例文を参考に使い方を理解することで、使える単語にしていけるのです。そして、高校に入るとそんな学習をしていく必要があります。中学校は文のパターンもシンプルですし、辞書で使い方を調べることもあまりないかもしれませんが、高校レベルではそういうわけにはいきません。文の中の要素を理解する力としての文型の知識がなければ、今後自分で英語を学習していくことができません。だからこそ、高校で一番最初に習うのが文型だと私は思っています。

このブログを見てくださってる方々は、ビジネスパーソンの方も多くいるはずです。
ビジネスの場面でもシンプルな単語だけですべてが成り立つわけではありません。会話はもちろん、テキストベースでのやりとりであれば、さらに内容も複雑になります。そういったTPOに応じた表現を理解し、使えるようにしていくうえでも、文型の知識が必ず必要になります。

まとめ

今回は5文型を取り上げました。学習する意味、ちょっと納得できたでしょうか?
5文型そのものが大切ではなく、文の中でそれぞれの単語がどんな使われ方をしているか理解できるようになることが大切というお話です。

逆に言うと、文の要素としてS(主語)、V(動詞)、O(目的語)それからC(補語)の役割をしっかり理解してしまえば、調べたりすることである程度は自分で英作文もできるようになるということです。こういった文法の知識は一生ものの財産です。

いつも同じ単語ばかり使ってしまう方、単語帳でも英語学習者向けのサイトでもかまいませんので、使えたらカッコいい単語をいくつかピックアップしてみましょう。そして、その使い方を辞書で調べて例文を見てみましょう。文型の知識が役に立つはずです。
現実的にはそれで使い方をマスターできるほど簡単なものではありませんが、それは話し相手からのフィードバックがあれば直していけばいいのです。日常の英語に変化をもたらしてみませんか。ビビッドな世界が待っていますよ。ではまた次回!