独り言英会話の効率的なやり方、全部解説します!

この記事はこんな方におススメ!
  • とにかく最短で英会話のレベルをアップさせたい方
  • 独り言英会話の正しいやり方を理解したい方

ご覧いただきありがとうございます。英語教育者の永田勝也です。
前回ご紹介した『独り言英会話』、科学的な観点からも効果があるという話をしました、
まだ前回の記事を読んでいない方、ぜひ読んでおくと今回の記事の理解度が200倍くらい上がるのでおススメです。

「効果があるのはわかったけど、結局どうやってやればいいの?」

こんな疑問を皆さんがお持ちなことはビンビン感じてますので、ご安心を。
独り言英会話の具体的な練習方法をこの記事ではお伝えします。
というのも、ただ闇雲に1人で話し続けるのではなく、独り言英会話にも戦略があるんです。
そして、だれもが持っているあるものを使えば、間違いなく効果はアップします。
ぜひ最後まで読んで、すぐに実践してくださいね♪

独り言英会話の効率化アイテムはスマホ!

結論を先にお伝えしてしまうと、独り言英会話のマストアイテムはスマホです。
必ず皆さんも持っていますよね。
ちなみに、私のブログをご覧いただいている皆さんのうち、半分以上はスマホで読んでいる方です。
そんなスマホをどうやって使うのか。練習方法を確認しましょう!

  1. 話すトピックを決める
  2. そのトピックで話す内容に関して、内容や展開パターンをざっと考える
  3. スマホの録音ボタンを押して、独り言英会話スタート!
  4. 録音した音声を聞いて、よかったところと改善点を洗い出す
  5. 修正案を踏まえ、イメトレをしてもう一度録音スタート

おおむね、こんな進め方が理想です。一つ一つ細かく見ていきましょう。

話すトピックを決める

ただ話してみるというよりは、何について話すかを決めたほうがいいですね。
というのも、実際の会話においても目的がないまま話すことはあまりないからです。
恋人や家族などのプライベートな話から、仕事の進捗状況や謝罪まで、必ずと言っていいほど会話には何か伝えたいメッセージがあります。

とはいっても、どんなトピックで話そうか迷ってしまう方、しっかりヒントをお伝えしますので、ご安心ください♪
私のおすすめはIELTSのTask1です。
一般的なトピックで非常に話しやすく、練習には最適です。
英語系の発信者としておなじみのAtsuさんのBLOGに、非常にシンプルにトピックがまとまっていますので参考にしてください。それもなんと100題以上!
ちなみに各トピックは40秒から1分くらいで話すようにしましょう。

そのトピックで話す内容に関して、内容や展開パターンをざっと考える

トピックを決めたあとに、何を話すかをすべて文字にして台本を作ってしまうと、ただそれを読むだけになってしまいます。
そこで、ざっと展開のパターンのメモだけ準備するくらいにしておきましょう。

また、非常に重要なポイントですが、独り言英会話はインプットとして身に着けた単語や文法などを使ってみる場でもあります。
「この表現は使うぞ!」というものを決めておいてもいいですね。

スマホの録音ボタンを押して、独り言英会話スタート

自分が話す英語をぜひスマホで録音をしてみましょう。
自分の声を聞くと、なぜか思っていた声と違い死ぬほど恥ずかしくなる現象が起きますが・・・。
そんなあるあるはさておき、録音はメリットばかりですよ。
というのも、TOEICなどの資格試験と比べて、英会話は自分の成長や伸びを定量化しにくいという特徴があります。
モチベーション維持のためにも、自分で自分の成長を見つけにいく気持ちが大切なんです。

そこで、自分の伸びがしっかり確認できるように、自分の英語の録音がのちのち役に立ちます。
何より、自分が話す自分の英語に真正面から向き合うことが大切です。
皆さんが恥ずかしいと思う自分の英語を相手は聞いているのです。
ちょっと勇気を出して、ここにしっかり向き合いましょう。成長のための大きな一歩ですよ♪

録音した音声を聞いて、よかったところと改善点を洗い出す

「いざ話してみると、全然思うように話せない・・・」

そんなことも思うはずです。最初はそれでも全然問題ありません。
その中で、自分のできたこと、それから改善点をメモに書いたりして洗い出しましょう。
自分で自分の英語の分析をするということですね。

その際に、英語力の観点と、英語力以外の観点で見てみることをおススメします。

英会話で大切なのは、知っている知識を使える知識にしていくこと。
そのためには、意識的に振り返らなければ、使えるようにはなりません。
自分の英語を聞いて、よかったところや改善点に向き合う気持ちをしっかり持ちましょう。

修正案を踏まえ、イメトレをしてもう一度録音スタート

改めてもう一度話す展開をイメージし、改善を加えた内容で録音してみましょう。
大丈夫です。必ず一回目のときからなにかしら変化しているはずです。
よくなるときもれば、さらに悪くなることも。でも、それでいいんです。

そうして振り返りと修正を繰り返していくことで、知っている知識が使える知識になっていきます。
また、話せる話題も確実に増えるので、ちょっとした雑談などでも対応できるようになります。自分ができることが増えていく成長実感、英語学習のモチベーションにも必須です。

まとめ

この記事を読んでくださっている80%以上の方は、すでに独り言英会話をやりだしたはずです。(笑)
ちなみに、アイキャッチにある「話すとき○○してる?」、何が当てはまるかは皆さんおわかりですね。
答えはもちろん録音です。
そして、それを可能にするアイテムは誰もが持っているスマホでした。

ところで皆さんは、自分の英語を分析するという練習方法が最近ではメジャーになりつつあるということをご存知でしょうか?
例えばオンライン英会話スクールのCamblyでは、レッスンが自動的に録画される仕組みになっています。

自分の英語に向き合い、その先の上達を。何より、英会話の練習、楽しみましょう♪
それでは次回をお楽しみに。